彦山 光三   (1893-1965)

彦山 光三(ひこやま みつぞう、1893年11月14日-1965年3月9日)は、日本のジャーナリスト、相撲評論家である。 大日本相撲協会(現在の日本相撲協会)の嘱託・私設顧問として戦後の相撲界の発展に尽くした。 [来歴・人物] 静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身。 早稲田大学を中退後、地元で代用教員を務め、さらに1919年に雑誌『日本魂』の記者として帝国興信所(現・帝国データバンク)に入社した。 当時の同僚には作家の山本周五郎(1924~1928年勤務)がいる。 帝国興信所初代所長の後藤武夫は国技相撲に傾倒し、大和錦、十三錦、一渡など力士のタニマチとしても相撲界を支援していた。 そのため『...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒコヤマ コウゾウ
人物別名 彦山光三
生年 1893年
没年 1965年
職業・経歴等 ジャーナリスト

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
相撲道綜鑑 彦山光三 著 本の友社
2001.3
相撲道綜鑑 彦山光三 著 日本図書センター
1977.9
横綱伝 彦山光三 著 ベースボール・マガジン社
1953
相撲読本 彦山光三 著 河出書房
1952
相撲美開眼 彦山光三 著 六興商会出版部
昭和16
生産基力と相撲道 : 同胞の相互錬成に関する源本的考察 彦山光三 著 文芸日本社
昭和16
相撲美開眼 彦山光三 著 六興商会出版部
1941.5
大相撲鑑識大系 彦山光三著 国民体力協会
昭15
相撲鑑賞読本 彦山光三 著 生活社
昭13
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
相撲道綜鑑 彦山 光三
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想