長堂 英吉   (1932-)

長堂 英吉(ながどう えいきち、1932年11月3日 - )は、日本の小説家、ルポルタージュ作家。 沖縄県出身。 本名・謝花長英。 明治大学文学部卒業、フロリダ大学大学院中退。 極東放送アナウンサー、アメリカ民政府教育部、沖縄女子短期大学助教授などを歴任し、同人誌『南濤文学』を主宰する。 1972年「我羅馬テント村」で九州沖縄芸術祭文学賞、ルポルタージュ作家として沖縄を舞台に執筆活動を行い、1990年「ランタナの花の咲く頃に」で新潮新人賞受賞。 2000年『黄色軍艦』で芸術選奨新人賞受賞。 [著書] ボクサー 具志堅用高と青春群像 晩声社 1979.11 ボクサー part 2 具志堅用高と...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガドウ エイキチ
人物別名 長堂英吉
生年 1932年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
コレクション戦争と文学 = Nova Bibliotheca de bello litterarum-Saeculi21 浅田次郎, 奥泉光, 川村湊, 高橋敏夫, 成田龍一 編集委員 集英社
2012.5
現代沖縄文学作品選 川村湊 編 講談社
2011.7
通詞牧志朝忠の生涯 長堂英吉著 ニライ社
新日本教育図書
2011.1
海鳴り 長堂英吉 著 講談社
2001.8
黄色軍艦 長堂英吉 著 新潮社
1999.3
エンパイア・ステートビルの紙ヒコーキ 長堂英吉 著 新潮社
1994.2
ランタナの花の咲く頃に 長堂英吉 著 新潮社
1991.2
きりぎりす : 創作童話集1 大城暁美 ほか著 ; 長堂英吉 編 新報カルチャーセンター童話の鑑賞と創作教室
1986.7
鼓太平記 : 物語・戦後沖縄演劇史 長堂英吉 著 月刊沖縄社
1985.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想