宮脇 俊三   (1926-2003)

宮脇 俊三(みやわき しゅんぞう、1926年12月9日 - 2003年2月26日)は、日本の編集者、紀行作家。 元中央公論社常務取締役。 鉄道での旅を中心とした作品を数多く発表した。 父は陸軍大佐で、後に衆議院議員となった宮脇長吉。 娘に作家の宮脇灯子。 [人物] 編集者として日本出版史に残る企画に数多くたずさわり、名編集者と謳われる。 作家北杜夫を世に出したのも功績の一つである。 紀行作家としては、地理や歴史の深い教養に裏打ちされた簡潔かつ格調高く、軽妙なユーモアにあふれた文章を書くことで知られる。 また熱心な鉄道ファンでありながら、専門用語などを自慢気に羅列したり、評論家ぶったりするなど...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤワキ シュンゾウ
人物別名 宮脇俊三
生年 1926年
没年 2003年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ローカルバスの終点へ 宮脇俊三著 河出書房新社
2019.8
時刻表昭和史 宮脇俊三 [著] Kadokawa
2015.4
御殿場線ものがたり 宮脇俊三 文 ; 黒岩保美 絵 復刊ドットコム
2015.12
全線開通版線路のない時刻表 宮脇俊三 [著] 講談社
2014.3
宮脇俊三鉄道紀行セレクション 宮脇俊三 著 ; 小池滋 編 筑摩書房
2014.6
ふるさと文学さんぽ広島 柴市郎 監修 大和書房
2013.7
終着駅 宮脇俊三 著 河出書房新社
2012.1
失われた鉄道を求めて 宮脇俊三 著 文芸春秋
2011.5
汽車旅12カ月 宮脇俊三 著 河出書房新社
2010.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想