三島 霜川   (1876-1934)

富山県中田町に漢方医の長男として生れる。本名、才二。家業を継がせようという父の意に反し上京。二十二歳の時、出世作「埋れ井戸」を発表。明治四十年に発表した「解剖室」と「平民の娘」が好評で迎えられ、中堅作家としての地位を得た。ところが次回作として期待された「虚無」の手ひどい不評を契機に、創作活動は急速に衰え、文壇の圏外へと脱落した。以来彼の活動は「演藝畫報」に寄せる劇評や感想に移り、同誌に数年にわたって連載された「大正役者藝風記」は、没後中央公論社から出版され、不朽の名著と称えられた。Wikipedia「三島霜川

「青空文庫」より

三島 霜川(みしま そうせん、1876年7月30日 - 1934年3月7日)は、日本の作家、演劇評論家。 富山県中田町(現:高岡市)に漢方医の長男として生れる。 本名、才二。 家業を継がせようという父の意に反し上京。 22歳の時、出世作『埋れ井戸』を発表。 1907年に発表した『解剖室』と『平民の娘』が好評で迎えられ、中堅作家としての地位を得た。 ところが次回作として期待された『虚無』の手ひどい不評を契機に、創作活動は急速に衰え、文壇の圏外へと脱落した。 以来彼の活動は、家庭小説など通俗小説、児童向け歴史もの、『演藝畫報』に寄せる劇評や感想に移り、同誌に数年にわたって連載された『大正役者藝風記...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミシマ ソウセン
人物別名 三島霜川
生年 1876年
没年 1934年
職業・経歴等 小説家
をも見よ 千山楼主人(1876-1934)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
水野葉舟・中村星湖・三島霜川・上司小劍集 吉田精一編 筑摩書房
2013.1.25
日本人物誌選集 紀田順一郎 監修・解説 クレス
2007.9
三島霜川初期作品集 あそう・しげお編集 麻生茂夫
1996.12
部落問題文芸・作品選集 藤陰隠士著 ; 河内銀二郎著 ; 神近市子著 ; 川合仁著 ; 三島霜川著 世界文庫
1980.2
三島霜川選集 三島霜川選集編集委員会 編 三島霜川選集刊行会
1979.4
明治小説集 長田幹彦 [ほか] 著 筑摩書房
1961
明治小説集 長田幹彦著者代表 筑摩書房
1957.7
赤穂義士 三島霜川 著 児童の友社
昭和18
新田義貞 三島霜川 著 金の星社
昭和16
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想