北見 治一   (1920-)

北見 治一(きたみ はるかず/じいち、1920年7月30日 - 1995年)は、日本の俳優、日本演劇史研究家。 [人物・来歴] 神奈川県横須賀市出身。 早稲田大学国文科を卒業後、兵役のためフィリピン・レイテ沖海戦に加わる。 1946年、劇団創作派を結成、その後文学座に参加し、1949年の舞台『わが心高原に』(ユージン・オニール)で初舞台。 岩田豊雄を師と仰ぎ、中村伸郎らと親しかった。 1963年、三島由紀夫の『喜びの琴』事件で脱退し、1964年の劇団NLT結成に参加する。 ほか多くの舞台、映画、テレビに硬軟(悪役と好人物)を使い分ける人間味溢れる名脇役として出演した。 1988年、著書『回想...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キタミ ハルカズ
人物別名 北見治一
生年 1920年
没年 -
職業・経歴等 俳優

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
回想の文学座 北見治一 著 中央公論社
1987.8
鉄笛と春曙 : 近代演技のはじまり 北見治一 著 晶文社
1978.5
文学座座史 北見治一編 文学座
1977.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想