樹村 みのり   (1949-)

樹村 みのり(きむら みのり、1949年11月11日 - )は、日本の漫画家。 埼玉県出身。 1964年、14歳にて「ピクニック」(集英社『りぼん』春の増刊)でデビュー。 以後、夏休みや春休みごとに執筆する学生作家として1960年代から1970年代にかけて『COM』、『りぼんコミック』で作品を発表。 アウシュビッツ、ベトナム、リオデジャネイロの貧民街などを舞台にしたり、普通の女の子の病気の一日を扱いながら登場人物たちの心の襞(ひだ)を緻密に描く作風により、マイナーながらもいわゆる24年組の一人に数えられる。 大学卒業後、執筆を一時中断するが、1974年に『別冊少女コミック』(小学館)掲載の「贈...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キムラ ミノリ
人物別名 樹村みのり
生年 1949年
没年 -
職業・経歴等 漫画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
彼らの犯罪 樹村みのり著 岩波書店
2021.10
冬の蕾 : ベアテ・シロタと女性の権利 樹村みのり著 岩波書店
2020.10
人はたたかう 松田哲夫編 あすなろ書房
2020.9
女性学・男性学 : ジェンダー論入門 伊藤公雄, 樹村みのり, 國信潤子著 有斐閣
2019.4
戦争の傷あと 藤子・F・不二雄, 樹村みのり, 手塚治虫, 北見けんいち, 今日マチ子, 巴里夫, さわさかえ, 西岸良平, 北条司, 滝田ゆう 著 金の星社
2013.3
愛ちゃんを捜して 樹村みのり 著 朝日新聞
2011.1
女性学・男性学 : ジェンダー論入門 伊藤公雄, 樹村みのり, 國信潤子 著 有斐閣
2011.5
好きです、この少女まんが。 羽海野チカ, 水野英子, 高野文子, 文月今日子, 樹村みのり, 曽祢まさこ, 木原敏江, よしまさこ, 萩尾望都 著 講談社
2011.12
彼らの犯罪 樹村みのり 著 朝日新聞
2009.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想