川田 文子   (1943-)

川田 文子(かわた ふみこ、1943年 - )は、日本のノンフィクション作家。 日本の戦争責任資料センター共同代表。 戦争と女性の人権博物館呼びかけ人。 茨城県生まれ。 早稲田大学文学部卒業。 国際情報社勤務後、ノンフィクション作家となる。 日本の慰安婦問題をライフワークにする一方、保育問題等をテーマに多数の著書がある。 最近は若者の心の病、特に摂食障害や少女の犯罪事件に関心をよせる。 [著書] 『つい昨日の女たち』(冬樹社 1979年) 『女たちの子守唄』(第三文明社 1982年)ISBN 978-4476031003 『琉球弧の女たち』(冬樹社 1983年) 『赤瓦の家―朝鮮から来た従...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワダ フミコ
人物別名 川田文子
生年 1943年
没年 -
職業・経歴等 ノンフィクション作家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
赤瓦の家 : 朝鮮から来た従軍慰安婦 川田文子著 高文研
2020.6
赤瓦の家 : 朝鮮から来た従軍慰安婦 川田文子著 高文研
2020.6
沖縄にみる性暴力と軍事主義 基督教イースト・エイジャ・ミッション富坂キリスト教センター 編 御茶の水書房
2017.9
ハルモニの唄 川田文子 著 岩波書店
2014.2
「慰安婦」問題が問うてきたこと 大森典子, 川田文子 著 岩波書店
2010.2
イアンフとよばれた戦場の少女 川田文子 著 高文研
2005.6
自傷 : 葛藤を<生きる力>へ 川田文子 著 筑摩書房
2004.7
女という文字、おんなということば 川田文子 著 明石書店
2000.9
授業・「従軍慰安婦」 : 歴史教育と性教育からのアプローチ 川田文子 編著 教育史料出版会
1998.5
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想