樋貝 詮三   (1890-1953)

樋貝 詮三(ひがい せんぞう、1890年4月3日 - 1953年1月1日)は、日本の政治家・法学者。 第37代衆議院議長。 [来歴・人物] 山梨県東山梨郡勝沼町(現甲州市)出身。 日川中学、中央大学夜間法科在学中に文官高等試験に合格し、1918年に京都帝国大学法科を卒業。 卒業後は法制官僚となり、法制局に勤務の傍ら中央大学講師を務め、内閣恩給局長・保険院長官などを歴任。 1943年に『海の慣習法』で京都帝大より法学博士の学位を取得した。 1946年の戦後最初に行われた第22回衆議院議員総選挙では、郷里の山梨から日本自由党の公認候補として擁立されて出馬し、当選する。 その後、鈴木正文と自由党山...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒガイ センゾウ
人物別名 樋貝詮三
生年 1890年
没年 1953年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
山梨県立図書館蔵書目録 - 山梨県立図書館
1955
海商法要綱 樋貝詮三 著 巌松堂
昭和18
海の慣習法 樋貝詮三 著 良書普及会
昭和18
海商法要綱 樋貝詮三著 巌松堂書店
1943.6
厚生省及ビ保険院 : 設置理由ト其ノ機構及政策 樋貝詮三 著 銀座書房
昭和13
改訂海商法提要 樋貝詮三 著 巌松堂書店
1936 8版
昭和八年改正恩給法解説 樋貝詮三 著 良書普及会
昭和8
昭和八年改正恩給法解説 樋貝詮三 著 良書普及会
1933 5版
昭和八年改正恩給法解説 樋貝詮三 著 良書普及会
1933
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想