東 明雅   (1915-)

東 明雅(ひがし あきまさ、1915年3月7日 - 2003年10月20日)は、国文学者、俳人。 熊本市生まれ。 1939年東京帝国大学文学部国文科卒業、文部省宗教局勤務、42年東京府立第一中学校(現・日比谷高校)教諭。 45年松本高等学校教授、48年信州大学助教授、59年教授。 80年定年退官、名誉教授。 87年勲三等旭日中綬章受勲。 近世日本文学、特に井原西鶴を専門とする。 根津芦丈に師事し俳句を行い、連句の会を催す。 俳人としては「めいが」と読む。 [著書] 『夏の日 純正連句とその鑑賞』 角川書店、1972 『連句入門 芭蕉の俳諧に即して』 中公新書、1978 『芭蕉の恋句』 岩波新...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒガシ アキマサ
人物別名 東明雅

明雅
生年 1915年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
連句・俳句季語辞典十七季 東明雅, 丹下博之, 佛渕健悟 編著 三省堂
2007.12
連句・俳句季語辞典十七季 東明雅, 丹下博之, 佛渕健悟 編著 三省堂
2001.4
新編日本古典文学全集 井原 西鶴【著】;暉峻 康隆;東 明雅【校注・訳】 小学館
1996.4
芦丈翁俳諧聞書 東明雅 編 東明雅
1994.3
芭蕉の恋句 東明雅 著 岩波書店
1993.7
定型の魔力 大岡 信【ほか著】 河出書房新社
1992.9
新炭俵 東明雅 著 角川書店
1991.2
新炭俵(しんすみだはら) 東明雅著 角川書店
1991.2
連句辞典 東明雅 ほか編 東京堂
1986.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想