井上 勤   (1850-1928)

井上 勤(いのうえ つとむ、1850年10月20日(嘉永3年9月15日) - 1928年(昭和3年)10月22日)は、徳島県徳島市出身の翻訳家。 甥は評論家・内田魯庵。 息子は英文学者・井上正人(次男)。 [生涯] 徳島城下前川の中洲で生まれた。 7歳でフランス人・ヤン・ドンケル・クルティウスに英語を学んだ。 その後、16歳で神戸に出てドイツ領事・ドクトル・フォケの通訳となった。 1881年(明治14年)、蜂須賀茂韶の命で大蔵省に入り、関税局の翻訳家となった。 1883年(明治16年)、文部省に移り西村茂樹の編輯局に入った。 その後、内閣制度調査局に転任、後に官界を去った。 1926年(大正...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イノウエ ツトム
人物別名 井上勤
生年 1850年
没年 1928年
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明治飜譯文學集 木村毅編 筑摩書房
2013.1.25
三十五日間空中旅行 ヴェルヌ 著 ; 井上勤 訳 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2012.12
井上勤集 井上勤 訳 大空社
2002.6
井上勤集 [井上勤訳] ; 川戸道昭, 中林良雄, 榊原貴教編集 大空社
2002.6
人肉質入裁判 : 西洋珍説 ; 何桜彼桜銭世中 [西基斯比耶著] ; 井上勤訳 ; 雨の家狸遊編 大空社
1999.2
幽霊 ; 汝所好 [西基斯比亜著] ; 井上勤訳 ; 宇田川文海著 大空社
1999.2
自由の征矢 : 白露革命外伝 ヂールス・ベルヌ 著 ; 井上勤 訳 雄松堂書店
1982.1
自由廼征矢 : 白露革命外傳 ヂュールス・ベルヌ著 ; 井上勤訳 雄松堂書店
1982.1
狐の裁判 : 禽獣世界 ゲーテ 原著 ; 井上勤 訳 雄松堂書店
1978.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想