イスラーム世界の危機と改革

加藤博 著

現在、イスラーム世界では多くの宗教、民族紛争が発生しているが、その原因を何百年にもわたる宗教、民族対立に求める解説がいまだにあとを絶たない。しかし、それは紛争の現象面、宣伝文句にまどわされたものであり、実際には、これら紛争は、直接の原因を近代史の展開のなかにもつ、きわめて現代的な問題なのである。本書は、イスラーム世界の紛争の原因を、近代におけるイスラーム教徒の世界観と現実の国際政治、経済の展開とのあいだの齟齬の歴史のなかに追究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 イスラーム世界の統一性と多様性
  • 2 西欧との出会いとその対応
  • 3 イスラーム世界における民族主義の台頭
  • 4 イスラーム世界の変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラーム世界の危機と改革
著作者等 加藤 博
書名ヨミ イスラーム セカイ ノ キキ ト カイカク
書名別名 Isuramu sekai no kiki to kaikaku
シリーズ名 世界史リブレット 37
出版元 山川出版社
刊行年月 1997.3
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 4634343703
NCID BN16155475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97066817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想