藤原鎌足とその時代

青木和夫, 田辺昭三 編

藤原鎌足は、大化改新に主導的な役割を果たし、律令国家の礎を築いた。常陸国鹿島の地には、氏神鹿島神宮が鎮座し、今も鎌足の生誕伝承地が残る。大化改新に焦点をあて、鹿島と藤原氏の関係を発掘成果を交え探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 記念講演 藤原鎌足とその時代
  • 講演(藤原鎌足と大化改新
  • 「大化改新」論の現在
  • 中臣と常陸)
  • シンポジウム 藤原鎌足と古代国家
  • 鹿島報告(中臣氏と鹿島神宮
  • 古代の鹿島を掘る)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 藤原鎌足とその時代
著作者等 田辺 昭三
青木 和夫
書名ヨミ フジワラ ノ カマタリ ト ソノ ジダイ
書名別名 大化改新をめぐって
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1997.3
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 4642074996
NCID BN16144661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97068382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想