日本の大衆文学

セシル・サカイ 著 ; 朝比奈弘治 訳

介山・紅葉・乱歩から遼太郎・寛之・清張へ。大衆文学の豊饒な遺産。その全体像をジャンル(時代小説、現代小説、探偵・推理小説)に分け、パノラマ的に提示する本格的通史と、テーマ研究、媒体との関係、作家の地位、読者論などの理論的アプローチから成る最良の見取り図。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大衆文学の歴史
  • 第2章 大衆文学のテーマ的研究
  • 第3章 大衆文学の媒体
  • 第4章 大衆文学作家の地位と機能
  • 第5章 大衆的読者の意思表示
  • 結論 大衆文学に関するいくつかの理論的展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の大衆文学
著作者等 Sakai, Cécile
朝比奈 弘治
Sakai C'ecile
サカイ セシル
書名ヨミ ニホン ノ タイシュウ ブンガク
書名別名 Histoire de la littérature populaire japonaise

Nihon no taishu bungaku
シリーズ名 フランス・ジャポノロジー叢書
出版元 平凡社
刊行年月 1997.2
ページ数 341p
大きさ 20cm
ISBN 4582703321
NCID BN16129169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98037481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想