近代化のなかの村落 : 農村社会の生活構造と集団組織

長谷川昭彦 著

日本の農村は、この150年ほどの間にその姿のみでなく実質を大きく変えてきた。その変化は「近代化」という過程としてとらえることが適当であろう。本書では「近代化」という概念によって、村落がたどった変化の過程をとらえることを主たる目標としたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 農村における基礎的社会関係の変化
  • 第1部 農村の生活体系の変化と広域地域社会の形成(生活に関する諸概念と古い型の生活体系
  • 村落の封鎖性の弱化と農村社会圏の拡大と分化
  • 広域地域社会の形成と生活体系の再編)
  • 第2部 農村の集団組織と地域複合社会の形成(古い型の農村社会の集団
  • 現代農村における集団組織
  • 地域複合社会の形成)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代化のなかの村落 : 農村社会の生活構造と集団組織
著作者等 長谷川 昭彦
書名ヨミ キンダイカ ノ ナカ ノ ソンラク
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1997.2
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 4818809187
NCID BN16123220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97066971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想