数学基礎論講義 : 不完全性定理とその発展

田中一之 編・著 ; 鹿島亮 ほか著

ゲーデルの不完全性定理の現代数学基礎論における発展を、第一線の研究者たちがていねいに解説した待望の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • A 数理論理学入門(準備練習
  • 命題論理 ほか)
  • B 不完全性定理(算術の体系
  • 第一不完全性定理 ほか)
  • C 組合せ的独立命題(順序数と急増加関数
  • パーソンズの定理-ΙΣ1と原始再帰的関数 ほか)
  • D 算術の超準モデル(算術の超準モデル
  • テンネンバウムの定理 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学基礎論講義 : 不完全性定理とその発展
著作者等 田中 一之
角田 法也
鹿島 亮
菊池 誠
書名ヨミ スウガク キソ ロン コウギ
書名別名 Sugaku kiso ron kogi
出版元 日本評論社
刊行年月 1997.3
ページ数 206p
大きさ 22cm
ISBN 4535782415
NCID BN16121881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97057757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想