「小糸」・「ブーン・ピケンズ」事件 : 国境を超えた企業防衛

後藤光男 著

株式を買い占めた者が何を考え、どのような行動をとるのか。反対に、株式を買い集められた側が、どのような防衛手段をとるのか。アメリカと日本の間の、国境を超えて闘ったこのケースには、企業経営の「攻撃」と「防衛」のすべての項目が網羅されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日米間の国境を超えた企業防衛
  • 第2章 「小糸」vs「ブーン・ピケンズ」事件の主な動き
  • 第3章 ピケンズ氏の攻撃と小糸製作所の防衛
  • 第4章 法的諸問題の検討-神谷光弘弁護士の論文
  • 第5章 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「小糸」・「ブーン・ピケンズ」事件 : 国境を超えた企業防衛
著作者等 後藤 光男
書名ヨミ コイト ブーン ピケンズ ジケン : コッキョウ オ コエタ キギョウ ボウエイ
出版元 産能大学出版部
刊行年月 1997.3
ページ数 314p
大きさ 22cm
ISBN 438205396X
NCID BN16120765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98040505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想