仮名文の構文原理

小松英雄 著

和文の基本原理を明かした画期的な書。和歌や平安和文や現代語の口語言語では「話し手の脳裏に最初から整った"文"は構成されていないし、和文では、読み手に先が見通せない」したがって、「"文"を確定した上で構文を合理的に分析しようとする方法は、現実の発話の実態に即していない」このように、「句節をつぎつぎと継ぎ足して構成される形」の構文を"連接構文"と名づけ、それを和文の基本原理に据える画期的な提言。和歌、物語読者必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 導論 仮名文の構文
  • 序章 はるは あけほの-和歌と和文と口頭言語との接点
  • 第1章 うめ に うくひす-語音俳列則
  • 第2章 そてひちて-動詞活用のパラダイム
  • 第3章 ひくらし-多重表現
  • 第4章 はるは きにけり-フォーカスの移動
  • 第5章 ながめせしまに-多重修飾
  • 第6章 仮名文の構文原理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仮名文の構文原理
著作者等 小松 英雄
書名ヨミ カナブン ノ コウブン ゲンリ
出版元 笠間書院
刊行年月 1997.2
ページ数 277p
大きさ 22cm
ISBN 4305701685
NCID BN16111582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98032811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想