ネットワーク思考のすすめ : 情報ハイウェイ社会を見通す

逢沢明 著

本書は古代ローマのアッピア街道の時代から、現代の情報スーパーハイウェイまで、「人間の文明の歴史はネットワークの歴史であった」という視点から、ネットワークの持つ本質的な機能・重要性や、情報ネットワークの最新事情をわかりやすく解説する。「?」だらけのマルチメディア社会をクリアに見通すための、ものの見方・考え方が身につく一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ネットワークからの発想
  • 第2章 ネットワーク社会のダイナミズム
  • 第3章 文明としてのネットワーク
  • 第4章 「知」のネットワークに隠された主題
  • 第5章 ギガ文明を開く情報技術
  • 第6章 ウェブ型メディアの爆発的成長力
  • 第7章 コミュニティウェアで技術を超える
  • 第8章 ハイウェイは文化をめざす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネットワーク思考のすすめ : 情報ハイウェイ社会を見通す
著作者等 逢沢 明
書名ヨミ ネットワーク シコウ ノ ススメ
書名別名 Nettowaku shiko no susume
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1997.3
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4569555365
NCID BN16107789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97057341
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想