ヌードの反美学 : 美術・猥褻・セクシュアリティ

リンダ・ニード 著 ; 藤井麻利, 藤井雅実 訳

性の装置としてのポルノグラフィと、美の表象としてのヌード・アート。女性の身体を引き裂く二つの眼差しに潜む文化的再生産の過程を、フェミニズム・アートの立場から解析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 女性ヌードを理論化する(女性の身体を枠づける
  • 裸とヌードをめぐる言説
  • 理想的芸術の研究 ほか)
  • 第2章 線を引き直す(「傷つけられたヴィーナス」
  • 伝統という枠組み
  • 人体を描く実習 ほか)
  • 第3章 文化的差別化(聖なる国境
  • 純粋な快と動機づけられた快
  • 境界の管制 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヌードの反美学 : 美術・猥褻・セクシュアリティ
著作者等 Nead, Lynda
藤井 雅実
藤井 麻利
ニード リンダ
書名ヨミ ヌード ノ ハンビガク
書名別名 The female nude

Nudo no hanbigaku
シリーズ名 クリティーク叢書 14
出版元 青弓社
刊行年月 1997.3
ページ数 318p
大きさ 20cm
ISBN 4787270672
NCID BN16106673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97056489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想