性格の評価と表現 : 特性5因子論からのアプローチ

柏木繁男 著

人の性格における個人差をどう評価し表現するかに関して、近年アメリカの性格心理学界でもっとも注目を浴びている「性格特性5因子モデル」。「情緒不安定性」「外向性」「経験への開放」「協調性」「勤勉性」という5つの特性因子からの性格へのアプローチを、文科系大学での講義向けに丁寧かつ簡潔に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 知的能力および評価法
  • 第2章 性格および接近法
  • 第3章 特性評価の方法
  • 第4章 特性評価と関連多変量解析法
  • 第5章 因子分析による特性因子の経験的確証
  • 第6章 Big Fiveによる心理学的諸概念の同定、接合および拡張的識別
  • 第7章 性格特性の階層構造と表現

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性格の評価と表現 : 特性5因子論からのアプローチ
著作者等 柏木 繁男
書名ヨミ セイカク ノ ヒョウカ ト ヒョウゲン
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 1997.3
ページ数 180, 5p
大きさ 22cm
ISBN 464108582X
NCID BN16095486
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97062057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想