トレルチとその時代 : ドイツ近代精神とキリスト教

佐藤真一 著

[目次]

  • 第1部 トレルチの神学的課題(教授資格請求論文(1891)
  • 自然主義との対決-ヘッケル『世界の謎』(1899)を中心に ほか)
  • 第2部 ヴィルヘルム二世時代の社会・学校・教会とトレルチ(社会問題(1890‐1904)
  • 学校と教会(1904‐7) ほか)
  • 第3部 トレルチと第一次世界大戦-トラウプとの対比(「城内平和」と両極化の兆し(1914‐16)
  • 「祖国党」と「自由と祖国のための国民同盟」(1917‐18))
  • 第4部 ヴァイマル共和国期のトレルチ-革命と反革命(プロイセン革命政権の学校令(1918)とその波紋
  • ドレスデン教会大会(1919)-福音主義教会の再編成と保守主義 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 序論 研究史と本書のねらい / p1
  • 第1部 トレルチの神学的課題 / p23
  • 第1章 教授資格請求論文(1891) / p23
  • 第2章 自然主義との対決--ヘッケル『世界の謎』(1899)を中心に / p39
  • 第3章 近代の歴史的思考と神学 / p58
  • 第1節 トレルチと宗教史学派の成立 / p58
  • 第2節 史学方法論争--ランプレヒトの歴史把握をめぐって / p73
  • 第2部 ヴィルヘルム2世時代の社会・学校・教会とトレルチ / p90
  • 第1章 社会問題 / p90
  • 第1節 福音主義社会会議--ナトゥージウスとナウマン、トラウプ / p90
  • 第2節 トラウプ『倫理と資本主義』(1904) / p106
  • 第2章 学校と教会 / p119
  • 第1節 プロイセン国民学校論争(1904-6) / p119
  • 第2節 国家と教会の分離問題(1906-7) / p134
  • 第3章 教理論争--伝統的信条と近代 / p145
  • 第1節 カトリック近代主義(1907) / p145
  • 第2節 ヤート事件(1911) / p161
  • 第3部 トレルチと第一次世界大戦--トラウプとの対比 / p180
  • 第1章 「城内平和」と両極化の兆し(1914-6) / p180
  • 第2章 「祖国党」と「自由と祖国のための国民同盟」(1917-8) / p192
  • 第4部 ヴァイマル共和国期のトレルチ--革命と反革命 / p212
  • 第1章 国民学校の宗派性をめぐる論議(1918-9) / p214
  • 第2章 ドレスデン教会大会(1919)--福音主義教会の再編成と保守主義 / p233
  • 第3章 「学問の革命」--シュペングラー『西洋の没落』をめぐって(1919-22) / p248
  • 第4章 右翼急進主義批判と中道路線--カップ一揆(1920)、エルツベルガー暗殺事件(1921)、ラーテナウ暗殺事件(1922)を中心に-- / p264
  • 結び / p292
  • トレルチの著作・参考文献目録 / p299

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 トレルチとその時代 : ドイツ近代精神とキリスト教
著作者等 佐藤 真一
書名ヨミ トレルチ ト ソノ ジダイ : ドイツ キンダイ セイシン ト キリストキョウ
書名別名 Toreruchi to sono jidai
出版元 創文社
刊行年月 1997.2
ページ数 380, 102p
大きさ 22cm
ISBN 4423400162
NCID BN16094698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97065144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想