「かわた」と平人 : 近世身分社会論

畑中敏之 著

大坂市中から町人が「かわた」村に移住していた-。雪踏をめぐる人々の分析を通して追究した「かわた」身分の世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「かわた」身分論
  • 第1章 「本村付」支配の淵源と展開
  • 第2章 「百姓」と「かわた」
  • 第3章 身分を越えるとき-雪踏をめぐる人びと
  • 第4章 「かわた」村の雪踏細工稼-和泉国南王子村の事例を中心に
  • 第5章 嘉永三年「竹皮一件」の分析-「かわた」村の雪踏表内職
  • 補論(「かわた」村の成り立ち
  • 塚田孝氏の身分論をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「かわた」と平人 : 近世身分社会論
著作者等 畑中 敏之
書名ヨミ カワタ ト ヘイニン : キンセイ ミブン シャカイ ロン
書名別名 Kawata to heinin
出版元 かもがわ
刊行年月 1997.2
ページ数 278p
大きさ 21cm
ISBN 4876992878
NCID BN16081856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98010999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想