意味と世界 : 言語哲学論考

野本和幸 著

「ことば」が「意味」をもつとはどういうことか、「ことばと世界」「意味と信念」は、それぞれどのような関係にあるのか。こうした基礎的問題を、フレーゲはじめ近年のデイヴィドソン、ダメット、パトナム、クリプキ、カプランらの所論を検討しつつ、合わせて、固有名・指示詞や人称代名詞「私」、また「可能」「必然」などの様相的表現、「信じる」といった動詞についての著者独自の意味論的解明を通じて、探究する。

「BOOKデータベース」より

"ことば"が"意味"をもつとはどういうことか。"ことばと世界""意味と信念"は、それぞれがどのような関係にあるのか。こうした基礎的問題を、フレーゲはじめ近年のデイヴィドソン、ダメット、パトナム、クリプキ、カプランらの所論を検討しつつ、合わせて、固有名・指示詞や人称代名詞「私」、また「可能」「必然」などの様態的表現、「信じる」といった動詞についての著者独自の意味論的解明を通じて、探求する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 言語哲学の諸相(意味と理解序説-ことばが意味をもつとはどういうことか
  • 意味論の原型(1)-フレーゲの意味論
  • 意味論の原型(2)-ラッセルとウィトゲンシュタイン ほか)
  • 第2部 様相・指示・世界(必然性、分析性、ア・プリオリ性
  • 様相と可能世界-その原型
  • 様相論理のモデル論と代入および量化の問題 ほか)
  • 第3部 信念帰属と「私」の意味論(信念文のパズル
  • 「私」の同一性への意味論的アプローチ序説)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 言語哲学の諸相(意味と理論序説-ことばが意味をもつとはどういうことか
  • 意味論の原型(1)-フレーゲの意味論
  • 意味論の原型(2)-ラッセルとウィトゲンシュタイン
  • 言語哲学の展開
  • 意味と真理
  • ディヴィットソンの意味理論とフレーゲの文脈原理
  • 言語理解と意味)
  • 第2部 様相・指示・世界(必然性、分析性、ア・プリオリ性
  • 様相と可能世界-その原型
  • 様相論理モデル論と代入および量化の問題
  • 様相論理のモデル論と哲学的諸問題
  • 直接指示性-新指示論の展開
  • 個・種と場-プラトン、アリストテレスの"世界記述"方式をめぐって)
  • 第3部 信念帰属と「私」の意味論(信念文のパズル
  • "私"の同一性への意味論的アプローチ序説)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意味と世界 : 言語哲学論考
著作者等 野本 和幸
書名ヨミ イミ ト セカイ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1997.2
ページ数 399p
大きさ 22cm
ISBN 4588150278
NCID BN16021592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97064472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想