非平衡系の科学  3

三池 秀敏;森 義仁;山口 智彦【著】

生物の機能にとって重要なパターン形成、リズム運動は非線形化学反応と拡散に由来する。本書は、そのモデル系としてのBZ反応系の多様な時空構造について、詳細な解説を行っている。非平衡開放系の研究を志す人々へのよい概説書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 リズムとパターンを生み出すBZ反応
  • 2 反応機構と振動機構-BZ反応の時間構造
  • 3 BZ反応における時間空間パターンの形成
  • 4 BZ反応とカオス
  • 5 反応・拡散系の新展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非平衡系の科学
著作者等 三池 秀敏
山口 智彦
森 義仁
講談社サイエンティフィク
書名ヨミ ヒヘイコウケイ ノ カガク
書名別名 反応・拡散系のダイナミクス
巻冊次 3
出版元 講談社
刊行年月 1997.3
ページ数 198p
大きさ 21cm
ISBN 4061532278
NCID BN1601540X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97046580
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想