プラトン

斎藤忍随 著

古代ギリシアにあって「哲学」を学問として大成したプラトン。イデア論を基底におくその理想主義哲学は、西欧の哲学思想にはかりしれない影響を及ぼした。荒廃したアテーナイを揺籃に形成されたプラトンの思想は、倫理的徳目、政治、国家、宇宙論等々、広範にわたる。理想的国家・社会の実現を目指しつつ、生涯を研究と教育に捧げたプラトンの思索の真髄を著作の中に読み解いた絶好のプラント入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 プラトンの生涯(古き所伝
  • 『第七書簡』 ほか)
  • 2 プラトンの思想-いわゆるプラトニズムを中心として(否定
  • 恋 ほか)
  • 3 プラトンの思想と現代(バーネット・テイラー説
  • イデア論放棄問題 ほか)
  • 4 プラトンの著作(著作概観と解説
  • 抜粋翻訳)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラトン
著作者等 斎藤 忍随
書名ヨミ プラトン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1997.3
ページ数 410p
大きさ 15cm
ISBN 4061592742
NCID BN1601516X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97062043
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想