日清戦争への道程

崔碩莞 著

日清戦争に至るまでの、欧米列強からの外圧に対する日本政府の対応の変遷、それに伴う東アジア政策との相互関連の構造を丹念に描く。更に朝鮮「独立」政策の段階的変化を追究。新しい視点から日本近代化の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 壬午事変期の東アジア政策
  • 第2章 清仏戦争期の東アジア政策
  • 第3章 巨文島事件期の東アジア政策
  • 第4章 帝国議会開設期の東アジア政策-「外交主義」から「国力主義」へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日清戦争への道程
著作者等 崔 碩莞
書名ヨミ ニッシン センソウ エノ ドウテイ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1997.2
ページ数 206, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4642036679
NCID BN16007671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97068392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想