響きと思考のあいだ

高橋順一 著

十九世紀近代の根源史としての意味をもつヴァーグナーの「綜合芸術」作品。その弁証法的世界を読み解きながら、魔術的「陶酔」の彼方にある批判的・反省的な「覚醒」の可能性を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヴァーグナーの問題状況-神話・近代・革命(ヴァーグナーの神話作用
  • 「革命」の概念をめぐって
  • 神話・近代・革命の絡み合い)
  • ヴァーグナーの「綜合芸術作品」の構想(「革命」から綜合芸術作品への途上
  • 綜合芸術作品の理念と現実)
  • ヴァーグナー問題の構図(「ニーチェ対ヴァーグナー」問題をめぐって
  • アドルノのヴァーグナー認識とヴァーグナー以降の音楽的思考)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 響きと思考のあいだ
著作者等 高橋 順一
書名ヨミ ヒビキ ト シコウ ノ アイダ
書名別名 リヒャルト・ヴァーグナーと十九世紀近代
シリーズ名 クリティーク叢書 13
出版元 青弓社
刊行年月 1996.12
ページ数 505p
大きさ 20cm
ISBN 4787210262
NCID BN15996098
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97048682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想