税制改革と官僚制

加藤淳子 著

官僚の行動原理を探る。1970年代末の付加価値税導入の試みから90年代の消費税率引き上げまで。官僚行動を政官関係のダイナミズムのなかで分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 官僚制をめぐる理論と現代日本の官僚分析(官僚組織の合理性分析の視点
  • 官僚組織と政策決定)
  • 第2部 付加価値税導入の試み(大平政権下の一般消費税導入の試み
  • 税制改革問題の再構成
  • 中曽根政権下の税制改革
  • 竹下政権下における消費税の導入
  • 自民党長期一党優位体制下の官僚の影響力)
  • 第3部 ポスト自民党一党優位体制下の税制改革過程(国民福祉税構想から消費税率引き上げまで)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 税制改革と官僚制
著作者等 加藤 淳子
書名ヨミ ゼイセイ カイカク ト カンリョウセイ
書名別名 Zeisei kaikaku to kanryosei
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1997.2
ページ数 306, 17p
大きさ 22cm
ISBN 413030108X
NCID BN15977333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97062274
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想