「あいまいさ」の物理学 : 秩序と無秩序の間をとらえる新しい試み

ジュゼッペ・カリオティ 著 ; 宮崎忠 訳

私たち人間が、事物を知覚し、認識する時は、無秩序な刺激の相互作用からある秩序を読みとっている。だが、身のまわりの世界は、一筋縄ではとらえきれない。対称性とその破れ、情報とエントロピー、量子法則、散逸構造、相転移…。自然界と物質の構造、力の働きとそのふるまい、これらを追究してきた物理学の言葉で私たちの知覚現象を考えると、いったい何が見えてくるのか?秩序と無秩序の間-「あいまいさ」を鍵に、芸術、音楽までをも視野に入れた、世界の新しいとらえ方に、イタリアの気鋭の物理学者が挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 あいまいさ-人間と自然構造との文化的関連において
  • 第2章 自然構造
  • 第3章 科学・知覚・芸術における対称性とその破れ
  • 第4章 エントロピーと情報
  • 第5章 あいまいさの力学
  • 第6章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「あいまいさ」の物理学 : 秩序と無秩序の間をとらえる新しい試み
著作者等 Caglioti, Giuseppe
宮崎 忠
カリオティ ジュゼッペ
書名ヨミ アイマイサ ノ ブツリガク
書名別名 The dynamics of ambiguity
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1997.2
ページ数 243, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4062571595
NCID BN15974404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97059275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想