森林野生動物の調査 : 生息数推定法と環境解析 フィールド必携

森林野生動物研究会 編

本書は現時点で、汎用性のある森林野生動物数調査の方法を使いやすい形にまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 生息数・生息密度推定の方法(生息数推定諸方法の理論的解説
  • 積雪上の足跡利用による方法
  • 積雪・無積雪に共通して用いられる方法
  • 生息数調査法の応用例)
  • 第2編 数量化の方法による生息地等の環境解析(小型動物
  • 中型動物
  • 大型動物)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森林野生動物の調査 : 生息数推定法と環境解析 フィールド必携
著作者等 丸山 直樹
林 文
林 知己夫
柴田 義春
森林野生動物研究会
樋口 輔三郎
豊島 重造
藤岡 浩
書名ヨミ シンリン ヤセイ ドウブツ ノ チョウサ
出版元 共立
刊行年月 1997.2
ページ数 287p
大きさ 19cm
ISBN 4320054490
NCID BN15969696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97053174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
INGTEP法の例 : ノウサギ・キツネ 豊島 重造
INTGEP法を基とする生息数推定法 柴田 義春
ビュッフォンの針の原理による方法 林 知己夫
ビュッフォン法の例 : カモシカ 林 文
ビュッフォン法の例 : ノウサギ・キツネ 柴田 義春
仕切り法の例 : ノウサギ 豊島 重造
仕切り法を基とする生息数推定法 豊島 重造
区画法 丸山 直樹
年齢分布による動態解析 柴田 義春
生息数(除去法)を用いた数量化I類の例 : アカネズミ 樋口 輔三郎
生息数(除去法)を用いた数量化I類の例 : ハタネズミ 樋口 輔三郎
生息数の推定方法 林 知己夫
生息状況(INTGEP法)を用いた数量化II類の例 : ノウサギ 林 文
糞粒数を用いた数量化II類の例 : ノウサギ 樋口 輔三郎
糞粒法 樋口 輔三郎
被害量による方法 林 文
観察発見確率法 林 知己夫
観察発見確率法による生息状況を用いた数量化II類の例 : 新潟のツキノワグマ 林 文
観察発見確率法による生息状況を用いた数量化II類の例 : 秋田のツキノワグマ 林 文
観察発見確率法の例 : ツキノワグマ 林 文
記号放逐法 樋口 輔三郎
足跡法(INTGEP法)を用いた数量化I類の例 : エゾユキウサギ・クロテン・キタキツネ 樋口 輔三郎
足跡法(ビュッフォン法)を用いた数量化I類の例 : ノウサギ 樋口 輔三郎
追い出し法 藤岡浩
追い出し法・巻狩り法の例 : ノウサギ 藤岡浩, 樋口 輔三郎
除去・投入法 林 文
除去・投入法 : 下伊那の例 林 文
除去法 樋口 輔三郎
食痕数を用いた数量化I類の例 : カモシカ 樋口 輔三郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想