観音のきた道

鎌田茂雄 著

古来から人々の心のよりどころとして親しまれ、信仰を集めてきた観音菩薩。インドから中国へ、そして日本へ-。その信仰の変容、仏教の展開を通して、民衆の祈りの本質を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 観音とは何だろう
  • 第2章 観音の誕生
  • 第3章 『観音経』の教え
  • 第4章 観音信仰の歩み
  • 第5章 アジア民衆の中に生きる観音
  • 第6章 観音、海へ
  • 第7章 観音と日本人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観音のきた道
著作者等 鎌田 茂雄
書名ヨミ カンノン ノ キタ ミチ
シリーズ名 観音経
講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1997.2
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 4061493418
NCID BN1594072X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97059002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想