イントラネット : 企業と地域の情報革命

中島洋 著

「インターネット」と「イントラネット」。偶然に名前が似ているわけではない。まずインターネットが発達し、その必然の結果としてイントラネットが誕生したのである。イントラネットとは、インターネットの技術(ホームページの技術)を使って構築する企業内情報システムである。これはさらに地域のネットワークへと発展していく。多岐にわたるその効用と可能性を具体的に例示し、ネットの新時代を予言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 インターネットとイントラネット(マルチメディアの本命-インターネット
  • イントラネットの背景
  • イントラネットの文化)
  • 第2章 イントラネットが企業を変える(イントラネット進化の四段階
  • イントラネット、企業はどう使う
  • イントラネットの効用と現実)
  • 第3章 イントラネットが地域を変える(よみがえるか地域共同体
  • 地域イントラネットのサービスメニュー
  • 地域イントラネットとインフラ)
  • 第4章 バーチャル共同体へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イントラネット : 企業と地域の情報革命
著作者等 中島 洋
書名ヨミ イントラネット
書名別名 Intoranetto
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.2
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4480056971
NCID BN15929002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97063849
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想