海人たちの足跡 : 環対馬海峡の基層文化

永留久恵 著

対馬の人々は遙か縄文時代前期から海を渡って南北に通交し、東アジア沿海地域の文化交流に大きく貢献した。その足跡を丹念に掘りおこし、雄大な海の古代史を復元する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 対馬国の南北市糴
  • 第1章 『魏志』倭人伝の対馬国
  • 第2章 南北市糴の考古学
  • 第3章 東シナ海と日本海
  • 第4章 倭の水人の民族学
  • 第5章 原始の渡海と古代の船

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海人たちの足跡 : 環対馬海峡の基層文化
著作者等 永留 久恵
書名ヨミ カイジンタチ ノ ソクセキ
出版元 白水社
刊行年月 1997.1
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 4560022410
NCID BN15927299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97052824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想