メイザーの学習と行動

ジェームズ・E.メイザー 著 ; 磯博行, 坂上貴之, 川合伸幸 訳

条件づけ、強化、刺激性制御などはヒトの行動に強力に作用する。学習行動の基本的原理-この1世紀の間に確立された学習の普遍原理と最新トピックのすべてをおさめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 単純観念、単純な連合、単細胞
  • 第3章 生得的行動パターンと馴化
  • 第4章 古典的条件づけの基本原理
  • 第5章 古典的条件づけの理論と研究
  • 第6章 オペラント条件づけの基本原理
  • 第7章 回避と罰
  • 第8章 オペラント条件づけの理論と研究
  • 第9章 学習の生物学的制約
  • 第10章 刺激性制御と概念形成
  • 第11章 動物の認知
  • 第12章 観察による学習
  • 第13章 運動技能の学習
  • 第14章 選択行動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メイザーの学習と行動
著作者等 Mazur, James E
Mazur, James E.
坂上 貴之
川合 伸幸
磯 博行
メイザー ジェームズ・E.
書名ヨミ メイザー ノ ガクシュウ ト コウドウ
書名別名 Lerning and behavior
出版元 二瓶社
刊行年月 1996.12
ページ数 420p
大きさ 26cm
ISBN 4931199437
NCID BN15926831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98011070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想