森の時間、山の遊び

多祢雅夫 著

夏の夜のウナギ捕り、春の芽吹きの喜び、キジの卵から生まれた産毛の生えたヒナ、田植えや麦踏み…。少年の日の思い出をみずみずしく語り、現在にあって「失われてはならないもの」の存在を科学者の目が問いかける連作エッセー。第27回関西文学選奨受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わらび
  • ふきのとう
  • ささゆり
  • 栗の花
  • ちちくさ
  • 早苗
  • まだけ
  • かぼちゃ
  • 芙蓉〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森の時間、山の遊び
著作者等 多禰 雅夫
書名ヨミ モリ ノ ジカン ヤマ ノ アソビ
出版元 関西書院
刊行年月 1996.12
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 4761302054
NCID BN15917284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97052175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想