日本的雇用慣行の経済学 : 労働市場の流動化と日本経済

八代尚宏 著

[目次]

  • 序章 日本的雇用慣行と日本経済
  • 第1章 国際化する雇用問題
  • 第2章 日本的雇用慣行の合理性
  • 第3章 日本的雇用慣行の社会的コスト
  • 第4章 日本的雇用慣行の変化
  • 第5章 高齢化と日本的雇用慣行の行方
  • 第6章 「産業空洞化」と日本的雇用慣行
  • 第7章 雇用流動化と国民生活
  • 第8章 高齢者雇用政策の再検討
  • 第9章 雇用流動化と公務員制度改革

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的雇用慣行の経済学 : 労働市場の流動化と日本経済
著作者等 八代 尚宏
書名ヨミ ニホンテキ コヨウ カンコウ ノ ケイザイガク
書名別名 Nihonteki koyo kanko no keizaigaku
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1997.1
ページ数 264p
大きさ 20cm
ISBN 4532131340
NCID BN1589605X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97053057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想