浅草紅団・浅草祭

川端康成 著

昭和はじめの浅草を舞台にした川端康成の都市小説。不良集団「浅草紅団」の女首領・弓子に案内されつつ、"私"は浅草の路地に生きる人々の歓び哀感を探訪する。カジノ・フォウリイの出し物と踊子達。浮浪者と娼婦。関東大震災以降の変貌する都会風俗と、昭和恐慌の影さす終末的な不安と喧騒の世情をルポルタージュ風に描出した昭和モダニズム文学の名篇。続篇「浅草祭」併録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浅草紅団・浅草祭
著作者等 川端 康成
書名ヨミ アサクサ クレナイダン アサクサ マツリ
書名別名 浅草祭

Asakusa kurenaidan asakusa matsuri
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1996.12
ページ数 308p
大きさ 16cm
ISBN 406196397X
NCID BN15892911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97031676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想