スペイン古典文学史

牛島信明 著

セルバンテス、カルデロン等を擁する黄金世紀を中心に、ヨーロッパ文学に巨大なうねりを生み出し、今なお読者を魅惑しつづけるスペイン文学史上の作品の数々を、鋭敏な批評意識のもとに第一人者が過不足なく論じたリーダブルな文学史。征服記や神秘主義文学もカバーするほか、比較史的観点や社会史的背景を取り込み、さらにはキリスト・イスラム・ユダヤの三宗教が共存する特異な中世をもったスペイン社会からの史的把握を行う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • スペイン文学のイメージ形成にむけて
  • 『わがシッドの歌』もしくはスペイン的個性
  • 『よき愛の書』もしくはユーモアの発生
  • 『ルカノール伯爵』もしくは物語の普遍性
  • ロマンセ、もしくは断章のポエジー
  • 『ラ・セレスティーナ』もしくは出口なきニヒリズム
  • 騎士道物語、もしくは空想のリアリティー
  • 『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯』もしくはピカレスク小説の誕生
  • クロニカ、もしくは「他者」との葛藤
  • 神秘主義文学、もしくは瞑想と実践の融合
  • 『グスマン、デ・アルファラーチェ』もしくは反宗教改革の文学的実践
  • 『ドン・キホーテ』もしくは近代小説の祖〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スペイン古典文学史
著作者等 牛島 信明
書名ヨミ スペイン コテン ブンガクシ
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 1997.1
ページ数 417, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4815803064
NCID BN15881959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97056986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想