日本歴史大系  16 (第一次世界大戦と政党内閣)

井上光貞 ほか編

[目次]

  • 第1章 第一次世界大戦(第一次護憲運動
  • 大隈重信の登場
  • 加藤外相と参戦問題 ほか)
  • 第2章 ヴェルサイユ=ワシントン体制下の日本(原内閣の登場
  • 講和会議とヴェルサイユ条約
  • 「改造」運動 ほか)
  • 第3章 中間内閣と政党内閣(加藤友三郎内閣
  • 山本権兵衛の再登場と関東大震災
  • 清浦内閣と護憲三派内閣 ほか)
  • 第4章 田中内閣と浜口内閣(田中内閣と東方会議
  • 昭和恐慌と金解禁
  • 浜口内閣とロンドン軍縮会議)
  • 第5章 大正・昭和の大衆文化と情報化(大正・昭和の大衆文化
  • マス=メディアの発達と情報化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本歴史大系
著作者等 井上 光貞
児玉 幸多
大久保 利謙
永原 慶二
井上光貞ほか
書名ヨミ ニホン レキシ タイケイ
書名別名 第一次世界大戦と政党内閣
巻冊次 16 (第一次世界大戦と政党内閣)
出版元 山川出版社
刊行年月 1997.1
版表示 普及版
ページ数 379, 23p
大きさ 22cm
ISBN 4634331608
NCID BN15877485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97036846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想