クオリティケアのための看護方式

松木光子 編

本書は看護方式を主題とし、看護の本質と看護方式との関連、看護方式の変遷、これからの方式としてプライマリナーシングと筆者の考案のモジュール型継続受持方式を記述した。そして、その両者の実際例と効果を提出している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 看護の本質と看護方式
  • 2 従来の看護方式とその特性
  • 3 これからの看護方式の概念と方法
  • 4 これからの看護方式の実際と評価
  • 5 クオリティケアと看護婦の専門職性の充実のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クオリティケアのための看護方式
著作者等 松木 光子
伊藤 憲子
佐伯 明代子
安藤 邦子
岡澤 恵子
上島 恵子
書名ヨミ クオリティ ケア ノ タメノ カンゴ ホウシキ
書名別名 プライマリナーシングとモジュール型継続受持方式を中心に

Kuoriti kea no tameno kango hoshiki
出版元 南江堂
刊行年月 1997.2
版表示 改訂第2版
ページ数 178p
大きさ 26cm
ISBN 4524209816
NCID BN15866048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97056289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想