フロイト・人種・ジェンダー

サンダー・L.ギルマン 著 ; 鈴木淑美 訳

人間は、つねに、自己と他者をカテゴライズする。その最も手近なカテゴリーが人種とジェンダーだ。世紀末のヨーロッパでは、医学や生物学のデータでさえ、ユダヤ人を特異化し、差別化した。科学者として同時代の知を共有し、ユダヤ人として差別に苦しんだフロイト。その葛藤が、抑圧の理論として、フロイトの心理学を生みだした。豊富な資料で描く精神分析学誕生の現場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 フロイトのユダヤ的アイデンティティ
  • 第1章 ジークムント・フロイトと人種認識論
  • 第2章 ユダヤ人男性の身体
  • 第3章 ユダヤ人・狂気・ジェンダー
  • 終章 癌と反ユダヤ主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フロイト・人種・ジェンダー
著作者等 Gilman, Sander L
鈴木 淑美
ギルマン サンダー・L.
書名ヨミ フロイト ジンシュ ジェンダー
書名別名 Freud,race,and gendar
出版元 青土社
刊行年月 1997.2
ページ数 413, 13p
大きさ 20cm
ISBN 4791755162
NCID BN15843122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98034355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想