老年期 : 生き生きしたかかわりあい

エリク.H.エリクソン ほか著 ; 朝長正徳, 朝長梨枝子 共訳

現代に生きる老年者の心を探り、そこから指針を作ろうとするのが本書である。『幼児期と社会』以来の信頼をもとにエリクソンは80代の報告者たちから率直な言葉を引き出している。そこに表れるのはライフサイクルの完結を迎えて死の恐怖や身体の不調を感じながらも、それまでの人生経験から汲み上げた自分らしさを懸命に統合しようとする人間の努力と英知に他ならない。ベルイマンの映画『野いちご』分析の章では主人公ボールイ博士による過去の追憶と他者との和解に心理のダイナミズムを読み込み、結論において地域社会、生涯学習、子供や孫との「かかわりあい」を、どうすれば活力に満ちたものにできるか、具体的に提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 年代と人生段階
  • 2 報告者たちの声
  • 3 ベルイマンの映画『野いちご』の主人公イサク・ボールイの生活歴-過去への再訪と再度のかかわりあい
  • 4 アメリカ社会の老年期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老年期 : 生き生きしたかかわりあい
著作者等 Erikson, Erik H.
Erikson, Erik Homburger
Erikson, Joan M.
Kivnick, Helen Q.
朝長 梨枝子
朝長 正徳
Erikson Erik H.
Erikson Joan M.
エリクソン ジョーン・M.
キヴニック ヘレン・Q.
エリクソン エリク・H.
書名ヨミ ロウネンキ
書名別名 Vital involvement in old age

Ronenki
出版元 みすず書房
刊行年月 1997.1
版表示 新装版
ページ数 372p
大きさ 20cm
ISBN 4622049023
NCID BN1581191X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97036782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想