うつほ物語の表現と論理

室城秀之著

[目次]

  • 論文の内容の要旨 / p1
  • 序章
  • 1 うつほ物語研究の現在の課題 / p9
  • 2 宴と洒と音楽と-うつほ物語論へ- / p20
  • 第一章 うつほ物語の表現と論理
  • 1 あて宮春宮入内決定の論理 / p29
  • 2 拒否される求婚者たち-行正・仲頼・忠こそ・藤英をめぐって- / p51
  • 3 うつほ物語における<都市> / p74
  • 4 うつほ物語における日常性と祝祭性 / p91
  • 5 上野の宮論-うつほ物語における祝祭の論理- / p104
  • 6 うつほ物語の空間-吹上の時空をめぐって- / p127
  • 7 「祭の使」の巻の競馬関連記事をめぐって-正頼の三条院の空間- / p146
  • 8 「内侍のかみ」の巻の表現-その会話文をめぐって- / p159
  • 9 作られた過去-「内侍のかみ」の巻における<吹上の宣旨>をめぐって- / p169
  • 10 うつほ物語の後半の始発における<蔵開き>の意味 / p187
  • 11 「蔵開・上」の巻のいぬ宮の産養関係記事をめぐって / p203
  • 12 うつほ物語の後半の会話文 / p215
  • 13 うつほ物語におけるあて宮-「『宮仕へ心行く』とは、何をか言ひけむ」<宮中への流離>- / p236
  • 14 「国譲・上」の巻の冒頭について-『枕草子』「物語は」の段に見える「殿うつり」「国ゆづり」と関連させて- / p249
  • 15 藤壺腹皇子立坊決定の論理 / p266
  • 16 うつほ物語と源氏物語 / p293
  • 第二章 うつほ物語の和歌
  • 1 あて宮求婚譚と求婚歌群 / p307
  • 2 「春日詣」の巻の和歌序をめぐって / p322
  • 3 うつほ物語の歌語について-「花をさそふ風」をめぐって- / p337
  • 4 あて宮求婚譚のなかの、地名を詠んだ歌をめぐって / p349
  • 第三章 うつほ物語の本文
  • 1 源正頼は、「左大将」か、「右大将」か / p383
  • 2 「内侍のかみ」の巻の錯簡をめぐって / p404
  • 第四章 絵解論
  • 1 うつほ物語における複本文化現象について-あるいは、絵解論序説- / p419
  • あとがき / p436
  • 初出一覧 / p438
  • 索引(Iうつほ物語登場人物、II人名・書名) / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 うつほ物語の表現と論理
著作者等 室城 秀之
書名別名 うつほ 物語 表現 論理
出版元 若草書房
刊行年月 1996.12
ページ数 440, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4948755109
NCID BN15810010
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想