ありのままを生きる : 障害と子どもの世界

浜田寿美男 著

人目を気にしない、自閉症のたかし君。人目を気にし、指のない右手をかくし続けたみつこさん。障害をありのままに受け入れ、だれもがのびのびと生きられる社会をつくるために、障害を一つの「生きるかたち」と考え、一つの「文化」としてとらえることはできないか。さまざまな文化の交歓が、すべての人々にとって豊かな生きる場を生み出すだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 たかし君の小さな事件(ある出会い
  • たかし君のきまり
  • 小さな事件 ほか)
  • 2 生き物の生きるかたち(文化ってなに?
  • 動物という文化
  • 生きるかたちをつくるもの-主体側条件と客体側条件の噛み合わせ ほか)
  • 3 与えられた条件のままに(彼らの不思議、私たちの不思議
  • 自閉症が治ってもらったらこまる
  • 治療・訓練という発想の危うさ ほか)
  • 4 羞恥にとらわれて(みつこさんの右手
  • 手袋
  • 手袋のジレンマ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ありのままを生きる : 障害と子どもの世界
著作者等 浜田 寿美男
書名ヨミ アリノママ オ イキル
書名別名 Arinomama o ikiru
シリーズ名 今ここに生きる子ども
出版元 岩波書店
刊行年月 1997.1
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 400026057X
NCID BN15798312
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97054674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想