イギリス綿花飢饉と原綿政策

森芳三 著

一九世紀の大半の期間、イギリス経済の基幹的工業は綿業であったが、しかしその原料である綿花はもっぱら海外の綿花に、わけてもアメリカ南部産出の綿花には大きい割合で、依存していたことが、一つの重要な問題となっていた。それは一九世紀後半に入るとともに、次第に切実さを増す傾きがあった。それは一八六一-六五年のアメリカ内戦を機に鋭い形で具体的となった。つまり南北戦争によるアメリカ綿花の供給杜絶を引きおこし、いわゆる綿花飢饉と呼ばれる事態に陥った。本書はそのときのランカシャ綿業をとりあげる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イギリス綿花飢饉時の綿花・綿製品の価格変動について
  • 第2章 イギリス綿花飢饉時における困窮者救済事業について
  • 第3章 イギリス労働者階級とアメリカ南北戦争-イギリス労働者の「高貴な沈黙」をめぐる神話説の再検討
  • 第4章 イギリス労働者階級とアメリカ南北戦争-人物、階級、そして政治
  • 第5章 イギリス綿業の機械化と帝国綿花-綿業初期段階の原綿獲得の努力
  • 第6章 イギリス綿業の機械化と帝国綿花-綿花購入機構とその隘路の登場
  • 第7章 イギリス綿花飢饉時における綿花供給の豊富説(E・A・ブラディ説)批判と一工場の実際状況、一八六一‐六五
  • 第8章 二十世紀初頭における国際綿花問題の成立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス綿花飢饉と原綿政策
著作者等 森 芳三
書名ヨミ イギリス メンカ キキン ト ゲンメン セイサク
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1996.12
ページ数 352, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4275016475
NCID BN15787575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98021720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想