宇宙はまねく

J.アレン・ハイネック 著 ; 中居陽子 訳

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p3
  • 第一章 宇宙への一べつ / p11
  • 幾何学、視界、衛星
  • 時間と距離
  • 第二章 大宇宙の単位 / p21
  • 星雲--宇宙の構成単位
  • 星雲の内側
  • 想像できないものを想像する
  • 第三章 地球--人類の宇宙ステーション / p35
  • 地球--理想的な宇宙船
  • 地球--天文学者の見方
  • 第四章 地球とその影 / p44
  • 黄道--星に対する太陽の"通路"
  • 地軸の傾き
  • 太陽日と恒星日
  • 第五章 月=衛星そして宇宙ステーション / p56
  • 月の軌道を描く
  • 月食
  • 静寂の世界
  • 理想的な観測所
  • 第六章 引力と軌道 / p69
  • 引力、速度、偏心率
  • 二体問題
  • 干渉のある軌道
  • 第七章 太陽系の尺度 / p80
  • 天文単位
  • AUの値を出す
  • 太陽系の模型
  • 第八章 他の世界 / p92
  • 引力、大気、生命
  • 双子の惑星
  • 金星の"空気調節"
  • 火星上の強い風
  • 太陽系の外の生物
  • 第九章 恒星間宇宙の物さし / p107
  • 視差--恒星用の物さし
  • 光度と距離
  • 明るさの梯子
  • 第十章 光を、もっと光を / p117
  • 光と星の組成
  • ドップラー変位
  • 第十一章 小宇宙から大宇宙を探検する / p127
  • 気球と人工衛星
  • 天文台衛星
  • 第十二章 太陽--恒星のクローズアップ / p135
  • 太陽の表面
  • フレアと黒点
  • 太陽偵察
  • 第十三章 星と星の光 / p145
  • 星の光を構成する物質
  • 質量対光度
  • 星の体積を計算する
  • 第十四章 銀河系の星 / p159
  • 星の主系列
  • 宇宙空間での星の分布
  • 第十五章 星雲がいっぱい / p169
  • 大宇宙の尺度をつくること
  • 広大、しかも膨張を続けている
  • 出発点にかえす
  • 第十六章 相対論的にいって / p179
  • 時間と速度
  • 質量と速度
  • 速くなれば短くなる
  • 理論とその結果
  • 第十七章 宇宙はまねく / p190
  • 探検可能な宇宙の限界

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 宇宙はまねく
著作者等 Hynek, J. A.
Hynek, Joseph Allen
中居 陽子
J.アレン・ハイネック
書名ヨミ ウチュウ ワ マネク
シリーズ名 時事新書
出版元 時事通信社
刊行年月 1964
ページ数 193p 図版
大きさ 18cm
NCID BN15786721
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65000669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想