職人たちの西洋建築

初田亨 著

幕末の開港地横浜が、職人たちの「学校」だった。初めて見る「ガラス」、「煉瓦」、「蝶番」を駆使し、人々を瞠目させる、「和洋折衷建築」を全国にうち建てる。やがて来る機械化・効率化の嵐の中でも、高い技術を保ち続けた建築職人たちの近代。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代を開拓した職人
  • 第2章 西洋建築への対応
  • 第3章 情報を運んだ職人
  • 第4章 職人世界の変化
  • 第5章 請負業と建築家の出現
  • 第6章 近代化をのりこえる職人たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 職人たちの西洋建築
著作者等 初田 亨
書名ヨミ ショクニンタチ ノ セイヨウ ケンチク
シリーズ名 講談社選書メチエ 95
出版元 講談社
刊行年月 1997.1
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 4062580950
NCID BN15786197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97050023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想