唐草文様

立田洋司 著

古代ナイルに咲く睡蓮の花が生んだ生命の象徴「唐草」。神秘の蔓はペルシア、インド、中国を経て日本へと伸び、一方でロマネスク、他方でアラベスクへと変容する。悠久の歴史、東西の文化に絡みつく不滅の文様に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 杳かなる記憶
  • 第2章 「幻の唐草」とアルカイスム
  • 第3章 ギリシア式唐草の生誕
  • 第4章 変容と新生
  • 第5章 コスモポリタニズムの潮流のなかで
  • 第6章 唐草東漸
  • 第7章 ロマネスク美術
  • 第8章 アラベスク的世界の展開
  • 第9章 ガンダーラから中国へ
  • 第10章 法隆寺への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 唐草文様
著作者等 立田 洋司
書名ヨミ カラクサ モンヨウ
書名別名 世界を駆けめぐる意匠
シリーズ名 講談社選書メチエ 94
出版元 講談社
刊行年月 1997.1
ページ数 258p
大きさ 19cm
ISBN 4062580942
NCID BN15786109
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97050330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想