現代家族の社会学 : 脱制度化時代のファミリー・スタディーズ

石川実 編

この10年くらいの間に「非婚化」「少子化」「高齢化」といった言葉を頻繁に耳にするようになった。「家族」はいま、かつての概念や定義が通用しなくなるほど激しい変動の直中にある。本書は現在の家族を理解するための理論と方法を興味深くわかりやすく説いた待望のテキスト。コラム・参考文献・キーワード付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 家族の変化と定義(家族
  • 家族の概念と定義
  • ジェンダーと家族)
  • 第2部 家族の形態と機能(家族の形態と機能
  • 家族内の地位と役割)
  • 第3部 家族の変化と関係(配偶者選択と恋愛・性
  • 夫婦の関係 ほか)
  • 第4部 家族の変化と現代の課題(家族と医療
  • 家族と高齢者)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代家族の社会学 : 脱制度化時代のファミリー・スタディーズ
著作者等 宮坂 靖子
岩井 紀子
横山 博子
牟田 和恵
石川 実
進藤 雄三
書名ヨミ ゲンダイ カゾク ノ シャカイガク
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 1997.1
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 464108579X
NCID BN15770696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97053047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想