インド思想と仏教文化 : 今西順吉教授還暦記念論集

今西順吉教授還暦記念論集刊行会 編

この本の情報

書名 インド思想と仏教文化 : 今西順吉教授還暦記念論集
著作者等 今西順吉教授還暦記念論集刊行会
書名ヨミ インド シソウ ト ブッキョウ ブンカ : イマニシ ジュンキチ キョウジュ カンレキ キネン ロンシュウ
出版元 春秋社
刊行年月 1996.12
ページ数 956p
大きさ 23cm
ISBN 4393111923
NCID BN15756902
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21266203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Bhartrhari and the vaisesika on space 岩崎良行
Concept of yoga in the vaisesikasutra 野沢正信
Der Konig im Rajasuya 土山泰弘
Kena-upanisad(=jaiminiya-upanisad-brahmana 4,10〈4,18-21〉) 藤井正人
Pramanaviniscayaの注釈における帰謬還元法(prasangaviparyaya)の解釈 岩田孝
SHT Kat.-Nrn.32,33補説 岩松浅夫
Sandilyaの教説再考 後藤敏文
The early vaisesikas on asamavayikarana and the term'apeks-' 宮元啓一
Tridosa研究 伊藤道哉
Vatsyayanaの理論的立場 石飛道子
Yuktidipikaにおけるアポーハ説批判 神子上恵生
ista-purta-「祭式と布施の効力」と来世 阪本 (後藤) 純子
tat krsnamとtasya krsnatvam 谷沢淳三
「六十二見」説について 磯田煕文
「般若経」における如意通について 山口務
『バガヴァッド・ギーター』と「タウヒード」 榊和良
『マハーバーラタ』のrastra 沼田一郎
『ミリンダパンハ』とアッタカター文献 森祖道
『入菩薩行論解説細疏』のシャーンティデーヴァ理解 斎藤明
『十住毘婆沙論』と『大智度論』比較再考 八力広喜
『唯識三十頌』における仮説と識について. 1 立川武蔵
『善導疏』における「行」と「信」の問題 正木晴彦
『大乗荘厳経論』における転依思想 佐久間秀範
『演劇典範』(Natyasastra)の演劇起源神話における舞踊考 船津和幸
『父母恩重経』の『増益本』について 新井慧誉
『瑜伽師地論』「摂釈分」「摂異門分」の結構 向井亮
『阿梨咤経』考 細田典明
アポーハ論論考 上田昇
インド音楽史の試み. 古代篇 島田外志夫
ガルバ・グリハの「ずらし」とマルマン 小倉泰
クリシュナ河下流域の古代刻文に見られる信者群像 定方晟
シャンカラ 湯田豊
ジュニャーネーシュワルのギーター解釈 島岩
バナーラスの地名をめぐって 水野善文
パーンチャラートラ文献に見る神像奉納儀礼 引田弘道
ホウ居士の禅思想 木村清孝
ミーマーンサー学派におけるタントラ 吉永清孝
ヤームナの聖典解釈 石飛貞典
ラーマーヌジャにおける行法 松本照敬
一切群生海の心としての法蔵菩薩 巌城孝憲
二つの善導観 柴田泰
二人のプンナ 関稔
五台山仏教の現況 末木文美士
仏塔信仰と如来蔵思想 下田正弘
伝統的聖者観の変容 幅田裕美
初期漢訳経典の訳語の研究 佐藤義博
大乗仏教の基本的立場について 竹村牧男
天台智ギと『勝鬘経』 藤井教公
安然の十地経引用にことよせて 湯山明
弥勒菩薩像 沖本克己
支謙訳仏典群に見られる治世意識. その1 朝山幸彦
文豪バーナの故郷 土田龍太郎
有部教団と仏塔および仏像崇拝 杉本卓洲
法華経と無熱悩池および蓮華上仏 松山 俊太郎
聖典分類形式としてのアヴァダーナの語義 松村恒
般若波羅蜜とは何か 鈴木廣隆
般若波羅蜜崇拝の一考察 阿部慈園
般若経典における三十二大人相 岡田行弘
覚醒の贈り物 奥田清明
詩的霊感(pratibha)について 上村勝彦
釈迦仏教における密教的要素 増原良彦
龍樹における「不退転」の菩薩 小川一乗
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想